胸が痛い(胸痛)

胸痛とは

胸痛とは胸痛は、痛みの内容や持続時間、痛みのある箇所、痛みのきっかけとなるもの、胸痛のほかの随伴症状など、病気の診断の上でも重要な情報です。
胸部には、胸膜や肺・心臓・上部消化管・筋肉・骨などあらゆる組織があります。
まずは、問診で患者様の症状について、詳しく丁寧にお伺いしております。

問診時に伺う内容

痛みの内容 刺すような痛み・鈍い痛み・締め付けられる痛み・圧痛など
痛みが起こる箇所 胸部の左右や前面・背中・首肩・局所的・全体的・いつも同じ場所が痛む・異なる場所が痛むなど
痛みの持続時間 瞬間的に痛む・数分・数時間など
痛みの起こるきっかけ 特定の動作をした時、体位を変えた時、呼吸と連動して痛む、食事に関連して痛むなど
胸痛以外の症状 発熱・悪寒・呼吸困難・チアノーゼ・吐き気・嘔吐・冷や汗など

肺や胸膜の疾患による胸痛

胸膜には痛みを感じる神経がありますが、肺にはありません。このため胸痛がある場合は、胸膜の異常や疾患が考えられます。

胸膜炎・膿胸

胸膜が細菌によって炎症し、膿が溜まった状態を胸膜炎と言います。主に、発熱・鈍い胸痛・悪寒などの症状が現れます。がんが原因による胸膜炎の場合は、発熱がないこともあります。

気胸

胸痛によく見られる疾患で、肺の空気が胸腔内に漏れ、肺を圧迫している状態が気胸です。肺がパンクした状態で、呼吸が十分にできなくなります。突然の胸痛や呼吸困難などの症状が現れます。呼吸をすると痛みが生じる場合は、速やかに医療機関を受診してください。

心臓や血管の疾患による胸痛

以下の疾患の場合、速やかに適切な治療を行わないと、命を落とす恐れがあります。

虚血性心疾患

虚血性心疾患心筋梗塞や狭心症などです。心筋梗塞は、胸部に激しい痛みが生じて、呼吸困難や冷や汗などの症状が伴います。心臓が壊死してしまうため、速やかに救急車を呼んでください。狭心症は、一時的な虚血状態です。冠動脈の狭窄や閉塞によって流れが滞って起こります。主な原因は、生活習慣病による動脈硬化が進んだことにあります。 運動などで心臓に負荷がかかった際に、胸部中央から左側にかけて締め付けられるような痛みが起こるほか、夜中から明け方など安静時に胸痛が現れることもあります。多くの場合、数分で痛みがなくなります。

神経・筋肉・骨の病気や外傷による胸痛

肋骨骨折

外傷のほか、激しい咳によっても骨折することがあります。安静時は鈍い痛みですが、深呼吸や咳、姿勢を変える際などに強い痛みが生じます。

肋間神経痛・帯状疱疹

肋骨に沿って走っている神経を肋間神経と言います。肋間神経に障害が起こると、身体の片側に強い痛みが生じます。また、帯状疱疹を引き起こす水ぼうそうのウイルスが肋間神経にある場合、帯状疱疹を発症して激しい痛みが起こります。帯状疱疹は、発疹が治ってからも長く症状が続くことがあるため、適切な治療が必要です。

その他

脊椎神経の圧迫・側彎症などが原因で、胸痛が現れることがあります。

悪性腫瘍による胸痛

肺の原発性がん・転移性がんなどのほか、がんが胸壁まで湿潤して胸痛が起こることがあります。

消化器疾患による胸痛

逆流性食道炎

逆流性食道炎胃酸や胃の内容物が逆流して、食道が炎症を起こす状態を逆流性食道炎と言います。胃もたれ・胸焼け・長引く咳の症状の他、胸痛を起こすことがあります。


その他の病気

その他の病気

胆嚢疾患や急性膵炎などの消化器疾患がある場合、食事の際に胸痛が放散することがあります。



心因性による胸痛

心臓神経症

過度のストレスによって起こる動悸や息切れ・呼吸困難をはじめ、胸痛を起こすことがあります。検査を行っても器質的異常が認められない場合、感染症でない場合などに心臓神経症が疑われます。また、過換気症候群によっても胸痛・動悸・呼吸困難などが起こります。

胸痛があったら

突然、激しい強い胸痛が起こったら、すぐに救急受診してください。心臓や肺に重篤な障害が起こっている恐れがあります。なお、すぐ痛みが治まる場合や、痛みが強くない場合は、なるべく早めに当院までご相談ください。

胸痛がある場合の診察

まずは、問診で患者様の状態をしっかりと伺います。その後、心電図検査・胸部X線検査・血液検査などを行います。必要に応じて、胸腹部のCT検査などを実施し、胸痛の原因となる疾患の治療を行います。検査の結果、特に異常がなく、心臓神経症や過換気症候群などが疑われる場合は、抗不安薬や痛み止めなどを処方して、経過観察を行います。

TOPへ